FEATURE

特集

保存版!TAKUMIBAがおすすめする、パンツのお手入れ方法について

保存版!TAKUMIBAがおすすめする、パンツのお手入れ方法について

子供の手が離れた卒育世代の大人の女性たちに、「自分らしく自由に、好きな服をきて、これからの人生を楽しんで欲しい。」という願いが込められたTAKUMIBAのパンツ。

大人世代の女性たちがパンツスタイルのおしゃれを自由に楽しむためには、基本のお手入れ方法についても知っておきたいですよね。
そこで今回は改めて、パンツのお手入れ方法の基本についてご紹介させていただきたいと思います。

 

お洗濯前に必ずやっておきたいこと

 

お洗濯をする前にチェック「洗濯表示」

 TAKUMIBAのパンツにはもちろんのこと、お洋服には洗濯表示タグが付属しています。
お気に入りのお洋服を長く楽しむためには、洗濯表示タグに従ったケアを行うことが重要です。

中でも要注意なのが、お洋服によっては色移りをする可能性があるという点です。
「他のお洋服を一緒に洗ってしまって、色移りしてしまった…!」なんて失敗を防ぐためにも、ケアをする前に必ず洗濯表示ラベルの注意書きを確認しておきましょう。

 

 

洗濯用の洗剤について

洗濯用洗剤の中で最も適しているのは、いわゆるおしゃれ着洗いの中性洗剤。
生地を傷めることなく、優しく汚れを落としてくれるのが特徴です。

そして洗剤選びの際に気を付けたいのが、蛍光増白剤と塩素系漂白剤。
こちらは洗剤ボトルの成分表示欄に記載されていますので、使用する際に必ず一度ご確認を。

 

 

洗濯ネット

アイテムごとに洗濯ネットを使い分けて、優しくケアを

糸くずなどの繊維が付着したり、毛玉ができるといったダメージから衣類を保護したり、洗濯物同士が絡まって伸びてしまったりということを避けるために、洗濯ネットに入れて洗うこともおすすめです。
起毛があるパンツは、裏返すのを忘れずに!
ほんの少しのひと手間で、お気に入りの衣類が各段に長持ちします。

例えば、センタープレスの入ったパンツの場合はプレスに沿って折りたたんで洗濯ネットにGO!
TAKUMBIAパンツの真空プリーツは洗っても取れにくいため、着用回数に応じたタイミングでお洗濯が可能です。

 

 

汚れは油断大敵。汚れの程度を見極めて、素早く対応

万が一、パンツに汚れが付着してしまった場合には、できるだけ速やかに洗濯等で汚れを落としましょう。
放置してしまうと、その汚れが変色やシミ等の原因になってしまいます。
外出先等で直ぐにケアができず時間が経ってしまった時や汚れの程度がひどい場合には、クリーニング店に持ち込んで相談するのがおすすめです。

 

お洗濯が終わったら、
干す→アイロン→収納

 

乾燥機の使用は禁物!しわを伸ばして、日陰で干す

洗濯が終わったパンツは、濡れたままで放置はNG。洗いあがったらすぐに陰干しするよう、心掛けましょう。
直射日光を避けるのもポイントです。
乾燥機は生地が縮んでしまうため、使用は禁物。着用したい日に合わせて、事前にお洗濯を済ませておきたいですね。

 

 

アイロンがけ

アイロンがけのポイント

TAKUMIBAのパンツは、シワになりにくい素材を使用しております。
ですが、曲げ伸ばしをする膝位置など、ご着用いただくうちに気になる箇所が出てくることもあるかと思います。その場合は、アイロンの温度設定を110℃を限度とし、必ずあて布をしてからアイロンがけを行ってください。

もし、気になるシワができてしまった場合には、目立ちにくい所からスチームを少しずつ当てていきます。生地の様子を見ながら、ゆっくりとアイロンがけを進めましょう。

 

 

ハンガー

きれいに畳んで、引き出しに収納…よりも、ハンガーを活用!

すとんとしたきれいなシルエットとデザインをキープするためにも、ハンガーで吊るす収納がおすすめ!
きれいに折り畳んで収納するよりしわになりにくく、パンツそのものの型崩れも予防できます。

ハンガーに吊るしてクローゼットに並べておけば、おしゃれに整理整頓も叶います。
カラーやデザイン別に分類しておけば、毎朝のコーディネートを考える際にも一目でどこに何があるか分かりやすいので便利です。
特別なお出かけの前の日には、コーディネートを一式揃えて吊るしておくのもおすすめです。

 

 

  • パンツのお手入れ方法まとめ
  •   
  •   
  • 1 お洗濯前に、品質表示を必ずチェック!
     お洗濯についての注意書き内容を守りましょう。
  •  蛍光増白剤と塩素系漂白剤はNG!
  •  
  •  
  • 2 洗濯ネットをフル活用!
     アイテムごとに使い分けで、衣類がグッと長持ち。
  •  
  •  
  • 3 洗濯物は濡れたまま放置せず、速やかに日陰干し
     乾燥機は衣類を傷めるため、使用は禁物。
  •  
  •  
  • 4 ハンガー収納できれいをキープ
     折り畳んで引き出しにしまうよりも、しわになりにくい

 

以上が、TAKUMIBAがおすすめするパンツのお手入れ方法の基本となります。
一般的なパンツのお手入れ方法としても応用が可能な内容となっていますので、既にご存知で実践済み・・・という方も多いかもしれませんね。
日々ご愛用いただく中で、お手入れをする際に気になることがあったら、その都度ご参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。