TAKUMIBA お歳暮パッケージ
TAKUMIBA お歳暮パッケージ
TAKUMIBA お歳暮パッケージ
TAKUMIBA お歳暮パッケージ

TAKUMIBA お歳暮パッケージ

当店特別価格 ¥ ¥ 300 消費税込
お歳暮パッケージと一緒にご注文頂いた商品は、お歳暮パッケージの中に商品を入れて出荷させて頂きます。
※お歳暮パッケージは、1回のご注文につき1つまでとさせていただきます。
ご注文いただくと順次出荷させていただきます。
配達日のご指定日がある場合は画面右下のチャット(緑のはてなマーク)よりご指定ください。
※ご指定いただける日時は、ご注文日から4営業日以降となります。(土・日はお休みです)


【お歳暮とは】
今年1年お世話になった人に対して「今年1年間ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします。」の気持ちを込めて渡す贈り物のことです。

もともと 「歳暮」は「年の暮れ」を表す言葉で、俳句の世界では12月の季語にもなっています。
毎年、年の暮れになると日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるための「歳暮回り」という行事が行われていました。
その時に手土産を持参することが多かったことから、その贈り物のことが「お歳暮」と呼ばれるようになった歴史があります。

お歳暮は、数年前までは会社の上司や仕事でお付き合いのある取引先、親戚などに送るのが主流でした。
しかし、最近では実家の家族や親しい友人・知人にもお歳暮を贈るケースが増えています。

お歳暮を贈る時期は、東日本では11月下旬~12月20日前後、西日本では12月13日~20日前後と多少の違いがあります。
お歳暮を贈るのに適切な時期は送り先の方が住んでいる地域により異なるので、事前によく確認しておくことが大切です。

贈り物で、普段お世話になっている方に日頃の感謝を伝えませんか?


【 箱に入れることのできる用量 】
・マスク × 10
・ケアアイテム × 2
・チャーム × 2
・くっつくインナー × 5
※商品を組み合わせて「マスク × 5 、ケアアイテム × 1」なども可能です。
※箱のお色は入れる商品量によって異なり、白色か茶色の箱のどちらかにお入れします。

【お歳暮の由来】
お歳暮はもともと、お正月に先祖の霊を迎えるお御霊祭りのお供え物として贈られていました。
当時のお歳暮は、年神様に供える酒や魚、餅などを、分家した人や嫁いだ人が親や親戚へ贈る習慣でした。
その後、年末に商人達がお得意様などに挨拶回りをした事で、お歳暮を贈る習慣が定着していったようです。

【贈る時期】
お歳暮は、江戸時代中期にはお正月の準備を始める12月13日以降とされていました。
しかし、現在では忙しい年末を避け、東日本では11月下旬~12月20日頃、西日本では12月初旬~12月20頃までに贈るのが一般的になりました。

TAKUMIBA お歳暮パッケージ

当店特別価格 ¥ ¥ 300 消費税込

返品・交換について

万が一お届けの商品に不良があった場合、またはお届けの商品がお気に召さなかった場合、必ず商品到着後7日以内にご連絡下さい。 返品条件をご確認の上、下記までご連絡ください。 マスクに関しては、衛生用品の為、未開封であっても、お客様都合による返品・交換はお受けしておりません。 予めご了承ください。

x