この秋注目【トリコになるパンツシリーズ】!究極レギパン編

この秋注目【トリコになるパンツシリーズ】!究極レギパン編

この秋のおすすめ、TAKUMIBAの新商品「トリコになるパンツ」シリーズ!

「トリコになる」は「虜になる」という意味と、「トリコット」という編み方の生地を使用しているのをかけ合わせたネーミングなんです。

ストレッチ性があり着心地がよく楽に履けて、なおかつ、キレイめでシーンを選ばずデイリーに着回せるおすすめのパンツシリーズです。


第3弾は「究極レギパン」!パンツ専門ブランドTAKUMIBAが研究に研究を重ねて作った自信作。その魅力とおすすめのコーディネートをご紹介します。

トリコになってしまうポイント3つ!

徹底的にこだわって作った【究極レギンスパンツ】

トリコになるポイント1!
【締めつけ感なし!まるで履いてないみたいな感覚】

はりつけ感も締めつけ感も感じさせない柔らかなストレッチ性が特徴です。全方位に伸びて、アクティブな動きもスムーズで心地よく、まるで穿いていないかのような感覚になるこだわりのレギパンです。

ハイライズタイプでウエスト位置が高いのもポイント。柔らかいストレッチがお腹周りをすっぽりと包み込み、気になるお腹のたるみをカバーしてくれます。冷えやインナーのチラ見えも防止できるのも嬉しいですね。

 

トリコになるポイント2!
【定番ブラック!どんなトップスとも合わせやすい抜群の着回し力】

 

カラーは定番中の定番、ブラックの1色のみ。どんな色のカラーと合わせても馴染みがよく、テイストも様々にチェンジできます。ほどよく脚にフィットするのでどんな体型でも馴染み、黒の引き締めカラーで、脚が細く長く見えます。

 

吸放湿機能があるので、汗をかいてジメジメしたら放湿、これからの乾燥する季節は吸湿し、一日中快適な履き心地を実現してくれます。

独自開発でうまれたエアシルキー生地は、ネーミングにもなったトリコット編みを採用しており、伸縮性、通気性、形状安定に優れています。

さらにこの究極レギパンは、サラッとしたソフトな肌ざわりで肌にまとわりつきません。

 

トリコになるポイント3!
【自宅で簡単お洗濯!イージーケアでストレスフリー】

お出かけ用のパンツは、

「洗濯をするとヨレヨレになってしまいそうで怖い」
「シワをとるためのアイロンがけが面倒くさい」
「クリーニングに出さないといけない」
などとお手入れのお悩みが色々とありませんか?

この「トリコになるパンツ」は、シワになりにくく自宅の洗濯機で洗えるのに、型崩れしにくいという嬉しい特徴があります。お手入れが簡単なので、ストレスが少なく、忙しい方に特におすすめです。

【究極レギンスパンツ】を使った秋におすすめのTAKUMIBA流3コーデ

【クールで辛口な大人ハンサムコーデ】
ロングジレとポインテッドトゥのブーツですらりとスタイルよく

 

辛口やハンサムなテイストが好きなら、最近のトレンドでもあるロングジレと合わせるのがおすすめです。羽織るだけで一気にお洒落度がアップし、細身のレギパンと相乗効果の縦長シルエットで脚が細く長く見えます。ショートブーツにパンツの裾裾をインするのもポイント!クール感が増しますよ。トップスは女性らしさも感じさせる開襟シャツで程よく肌みせを。

【ビッグシルエット合わせの鉄板コーデ】
ざっくりニットと合わせて柔らかな女性らしさを楽しむ

ゆったりしたシルエットのニットをトップスにもってこれば、間違いのない鉄板コーデが簡単にできあがります。レギパンが黒なので、どんなカラーでも合いますよ。白やアイボリーのモノトーンコーデもかわいいですし、トレンドのビビットなグリーンやブルーなどカラーアイテムと合わせても◎。足元をパンプスにするときれいめな雰囲気に仕上がります。

【休日カジュアル!大人のワンマイルコーデ】
ロングカーデにキャップ、ボーダーソックスで遊び心を

ワンピースのようなロングカーディガンとレギパンを合わせるのもおすすめです。前をあけて羽織の様に着れば、カジュアルでスポーティな雰囲気に。脚のラインが分かりやすいレギパンに抵抗がある方でも、お尻はもちろん膝下まですっぽりと覆われるので安心感もありトライしやすいですよ。スニーカーとキャップを合わせればお洒落な休日コーデのできあがり。ラインが入ったソックスがちらりと見えるのがポイントです。大人の遊び心をきかせて。

 

脚長効果抜群の黒レギパンで秋を楽しむ

パンツ専門店TAKUMIBAがこだわって作ったレギパンは、まるで穿いていないかのような感覚のストレスフリーの履き心地。また、程よくフィットする美しいラインと黒のカラーで引き締め効果もばっちりです。秋コーデのラインナップにぜひ加えてみませんか?

 

<トリコになるシリーズはコチラ>

ブログに戻る