FEATURE

特集

【通販で失敗しないパンツの選び方】

【通販で失敗しないパンツの選び方】

ネット通販でパンツを購入した際、こんな経験はございませんか?


・ウエストに合わせてサイズを選んだけど、お尻がきつくて入らない

・身長が高いのでLサイズを買ったけど、ウエストがブカブカだった

・いつもと同じMサイズを買ったのに全然サイズ感が違った


通販でパンツは買わない!と考えている方も多いかと思います。

ですが、このご時世なかなか外に出て好きにショッピングができない、近くにお店が無い、店員さんが苦手で試着ができない。

そんなお悩みを解決する為に、今回は「パンツサイズの測り方」をご紹介いたします。

ご自身のサイズを把握しておけば、心置きなくネットショッピングを楽しめますよね。

是非、参考にしていただければと思います。



 

 POINT1 お手持ちのパンツを用意する

 

ネット通販でサイズ選びをする際、直接身体のサイズを測る方が多いですが、

使用している生地やデザインによって、サイズ感も変わりますし、履く靴によって丈も変わります。

なるべくイメージとのギャップが無いようにする為には、お手持ちのパンツの中で購入するものに近い形を用意しましょう。






 POINT2 ウエストを測る

 

ウエスト部分の前後をしっかり合わせ、メジャーなどで測りましょう。

この数字が平置きサイズです。2倍するとウエストサイズとなります。






 POINT3 ヒップを測る

 

今度は、自然に平置きしてファスナーステッチの止まり部分と垂直になるように端から端まで測ります。

こちらも、2倍にすればヒップサイズとなります。

 





 POINT4 股下を測る

 

丈の長さによって、パンツのイメージも変わります。

着丈が合っていないだけで、安っぽく見えたり、太って見えたりしてしまいます。

逆に着丈があっていれば、高見えして印象も良くなるという事ですよね。

ですので、ウエスト、ヒップだけではなく、必ず股下部分も測りましょう。



股下のクロスになっている縫い目がスタート地点です。

内股の縫い目に沿って、裾までまっすぐ測りましょう。






 POINT5 渡り幅の測り方

 

渡幅とは、股の付け根の幅です。

太もも周りが気になる方は、こちらも測っておきましょう。

先程の、股下のクロスの部分から、ファスナーステッチの止まり位置を垂直にまっすぐ端まで測ります。

 

今回は、ネットショッピングでパンツを購入する際に役に立つ「パンツサイズの測り方」をご紹介いたしました。

 

TAKUMIBA DIRECT STOREでは、全商品ページにウエスト、ヒップはもちろん、股下やわたり幅のサイズを掲載していますので、採寸結果と照らし合わせて、近いサイズを探してみて下さいね。 


※TAKUMIBAのサイズ表は、ヌード寸法(身体の寸法)ではなく、パンツの仕上がり寸法を記載しています。


 また、デザインにはこだわりたいけど、サイズ選びが難しい、履き心地が悪く長時間穿けない、そんな方におススメなのが「TAKUMIBAのパンツ」です。

 履き心地、シルエット、品質にこだわったパンツを多数ご用意しておりますので、是非、一度お試し下さい。

パンツの測り方をMasterして、お気に入りの一着を見つけましょう!